作業員

水漏れ修理を迅速対応の業者に依頼【住まいトラブル解決ガイド】

コンセントを増やす

室内

家庭によってコンセントの数は様々で、数が少ないと不便になってしまうことがあります。その場合、コンセント増設をすることで解決出来るのですが、増設には専門業者を呼んで対応してもらう必要があるので注意しましょう。

View Detail

二つの方法がある

台所

家電製品が増えている現代、コンセントというのはとても重要なものとなります。コンセントがなければ家電製品を使用することが出来ない他、足りないと不便なので増設を専門業者に依頼して家屋に適した工事の種類を選択しましょう。

View Detail

住まいの悩みを解消

水道

増設工事とコンセントの技術基準について

コンセントの増設などの工事は電気工事士免許の有資格者がすることとなっています。無資格者がこれらの工事することは認められていないのです。具体的には一般電気工作物と呼ばれる交流で低圧600ボルト以下で受電している一般家庭や小規模店舗での増設工事です。また交流で高圧600ボルト超、7000ボルト以下で受電する発変電設備以外の500KW未満の電気設備での増設工事も含まれます。従ってこれら該当電気工作物でのコンセントを増設する場合は電気工事士に増設工事依頼することが必要となるのです。コンセントにはさまざまな形状、電圧や電流の電気定格、アースの有無などがあるので実際にどのようなものがどこに取り付けられるのかということを事前に確認しておくことは大事なこととなります。WTOのTBT協定に基づきコンセントなどの技術基準はIEC規格を取り入れる方法で進みつつあります。

工事にあたっての注意すること

コンセントにはさまざまなものがあります。またそれらは基本的にはJISなどで技術基準が定められているのです。そしてコンセント本体には技術基準適合を示すPSE表示がなされているのです。このことを知っておくことは大事なこととなります。もちろん配線材にも技術基準適合を示すPSE表示が表示されています。そしてコンセントや配線材には電気的定格も表示されています。電気工事士は必要な定格のコンセントや線材を使用することになっています。また電気工事士は最終的に必要な絶縁厚や絶縁距離を満たすように工事を完了されることになります。このように電気工事士によってコンセントを含む使用する部材の技術基準や配線工事された状態での絶縁要求基準を守る工事が行われるのです。このことで安全安心が確保されることになるのです。電気で注意してほしい点に水があり、トイレや洗面所などコンセントが設置されている家庭は多く見受けられます。電気と水は感電してしまうことがあり、ショートしてしまえば火災の原因にもなってしまうので注意しなければなりません。また、特にコンセント設置箇所が低い位置にあった場合で水漏れが起きてしまえば危険性が高まってくるので水漏れ修理を早急に依頼しなければなりません。水漏れというのはいつ起こるかわからないもので、詰まりが原因の場合はすぐに解決することが出来ても水が止まらないなどのトラブルは自分で解決することが難しいです。そのため、水漏れ修理を行なってくれる業者を事前に調べておき、万一に備えてメモなどをして控えておくと良いでしょう。

新しい物に取り替える

台所

ほとんどの家庭でも使用されているインターホンですが、インターホンは長く使用していると壊れてしまうことがあります。また、新しい製品に取り替えたい場合は専門業者や購入店舗で交換依頼をすると良いです。

View Detail